計測プロトコル

プロトコルの構築例

たとえば、コントロール臭と3種類のアロマオイルとタバコ臭を用いて
「香りの心地よさ」に関する実験を行う場合を考えてみます。

タバコ臭は誰にとっても悪臭であると仮定すると、
アロマオイルよりも安静度の低いデータとなるはずです。

ところが、正しい計測プロトコルを構築しなければ
グラフ(1)のように時間経過にともなってデータは安静状態を示します。

これは覚醒度の低下が刺激に対する反応を上回る為であり、
これでは正しい心地計測が行えません。

そこで、正しいプロトコルを構築して実験した場合は
グラフ(2)のようになります。

計測プロトコルは刺激の種類(例えば、香り、味、音など)によって
設計を変える必要がありますので、
もし心地計測をお考えでしたら、お気軽にお問い合わせ下さい。