座り心地に関する実験

実験プロトコル

  • 1) 安楽イス+事務イス+台車車輪の3段積みを用意
  • 2) 被験者は30秒の暗算後、それぞれに30秒間座る
  • 3) イスに座った時の開眼時脳波を計測
  • 4) 上記3)において被験者は覚醒度保持のため風景動画を見る

解析方法

  • 1) Rawデータをフーリエ変換し、周波数毎のパワースペクトルを算出
  • 2) 指標としてα波出現量÷(θ波出現量+α波出現量+β波出現量)を
      1秒毎に算出したものの平均値を使用した。
  • 3) β波はてんかん波を除去すべく20~25Hzを使用した。

実験結果

  • 1) ほとんどの被験者が緊張を伴うであろう刺激として
      「台車車輪」を使用したが
      予想通り全ての被験者においてα波出現率が低かった。
  • 2) α波出現率が クッション>固めチェア>最悪刺激 であった被験者は
      5名中4名であった。