道路走行に関する実験

highway02highway01

実験プロトコル

  • 1) 被験者に電極ヘッドセットを装着し、高速道路を
      走行中の脳波を計測
  • 2) 高速道路のモデルコースを9区間に分け、
      それぞれの快適性を評価できるかを検証
  • 3) 区間手前のパーキングエリアにて30秒間
      ストレス負荷(2桁暗算)を行う

解析方法

  • 1) Rawデータをフーリエ変換し、周波数毎の
      パワースペクトルを算出
  • 2) 指標としてα波出現量÷(θ波出現量+
      α波出現量+β波出現量)を1秒毎に算出したもの
      の平均値を使用した。
  • 3)β波はてんかん波を除去すべく20~25Hzを
      使用した。
  • 4)脳波と同時記録した振動データにより振動ノイズを
      キャンセルした。

実験結果

  • 第9区間である出口の混雑や4~6区間の道路状況を反映したデータとなった為実験プロトコルは正しいと思われる。但し、各区間の特徴があまり無かった為、当初の目的であった道路自体の評価にはならず、道路状況(混雑、他車の幅寄せ等)の評価になってしまった。