触覚に関する実験

 shokkaku01shokkaku02

実験プロトコル

  • 1) ストレス負荷(2ケタ暗算)
  • 2) 何も持たず(コントロール)手の甲をこするアクション
  • 3) ストレス負荷(2ケタ暗算)
  • 4) 柔らかい布Aで手の甲をこする
  • 5) ストレス負荷(2ケタ暗算)
  • 6) 柔らかい布Bで手の甲をこする
  • 7) ストレス負荷(2ケタ暗算)
  • 8) 紙やすりで手の甲をこする
  • 9) ストレス負荷(2ケタ暗算)
  • 10) 何も持たず(コントロール)手の甲をこするアクション
  • ・すべて開眼時を計測
    ・刺激前の条件を同じにすべく計測前に30秒間の2ケタ暗算を行う

解析方法

  • 1) Rawデータをフーリエ変換し、周波数毎の
      パワースペクトルを算出
  • 2) 指標としてα波出現量÷(θ波出現量+
      α波出現量+β波出現量)を1秒毎に算出したもの
      の平均値を使用した。
  • 3)β波はてんかん波を除去すべく20~25Hzを
      使用した。

実験結果

  • 被験者は2つの群に分かれ粗い触感に対して安静になる人と柔らかい触感に対して安静になる人がいた。とすると全員が最初の布に柔らかさを感じていたと言える。(柔らかさをくすぐったく感じるか、快適に感じるかの差はあれど)