着心地に関する実験

hadagi01hadagi02

実験プロトコル

1) 2種類の肌着+肌着中にクリスマス用モールを
  挿入したものを準備
2) 被験者は着用後30秒の暗算を行ったあと
  30秒間の上肢運動を行う
3) 静止状態の開眼時脳波を30秒間計測
4) 上記3)において被験者は覚醒度保持のため
  風景動画を見る

解析方法

  • 1) Rawデータをフーリエ変換し、周波数毎の
      パワースペクトルを算出
  • 2) 指標としてα波出現量÷(θ波出現量+
      α波出現量+β波出現量)を1秒毎に算出
      したものの平均値を使用した。
  • 3) β波はてんかん波を除去すべく20~25Hzを
      使用した。
  • 4) 前後のコントロール値にて慣れ効果(=覚醒度の
      低下を主因とするアルファ波出現量の経時変化)
      を補正した。

実験結果

1) 4名中3名がモール挿入肌着に対して不快反応が
  出た事からプロトコルは正しいと思われる。
2) 肌着A、肌着Bに対する安静度は半々に分かれた。
3) 被験者Dは眠気が混入したと思われる。