爪切りに関する実験

 NailClippers

実験プロトコル

  • 1) ストレス負荷(2ケタ暗算)
  • 2) 通常の爪切(コントロール)りにて爪を切る
  • 3) ストレス負荷(2ケタ暗算)
  • 4) 鈍い爪切りAにて爪を切る
  • 5) ストレス負荷(2ケタ暗算)
  • 6) 鋭い爪切りBにて爪を切る 
  • 7) ストレス負荷(2ケタ暗算)
  • 8) 通常の爪切り(コントロール)にて爪を切る
  • ・すべて開眼時を計測
    ・計測前に30秒間の2ケタ暗算を行う

解析方法

  • 1) Rawデータをフーリエ変換し、周波数毎の
      パワースペクトルを算出
  • 2) 指標としてα波出現量÷(θ波出現量+
      α波出現量+β波出現量)を1秒毎に算出したもの
      の平均値を使用した。
  • 3)β波はてんかん波を除去すべく20~25Hzを
      使用した。

実験結果

  • 第鋭い爪切りよりも鈍い爪切りにて安静傾向が見られた。少し手応えがある方が人間の感性に合っているかもしれない事が示唆された。