コンタクトレンズの評価

 contactlens

前提条件

    裸眼時のデータは他と条件が変わる為に慣れ効果補正の為のデータとして使用した。

実験結果

    ハードにくらべてソフト装着時に安静傾向が見られた。(3名全員)

反省点

    前後のコントロールは常態とすべきである為、眼鏡の装着が望ましい。