かつらに関する実験

alphaERP

実験プロトコル

  • 1)結婚式用かつら(約2Kg)を装着前に30秒、10分装着後に30秒、外した後に30秒計測
      
  • 2)装着前、装着中にそれぞれオドボール課題(画像刺激)を実施し、ERPを計測。
      

解析方法

  • 1) Rawデータをフーリエ変換し、周波数毎の
      パワースペクトルを算出
  • 2) 指標としてα波出現量÷(θ波出現量+
      α波出現量+β波出現量)を1秒毎に算出したもの
      の平均値を使用した。
  • 3)β波はてんかん波を除去すべく20~25Hzを
      使用した。
  • 4)ERPはレア刺激に対する反応どうしを比較した。
      

実験結果

  • 1)かつら装着後10分経過時のアルファ波の減衰、かつらを脱いだ後のアルファ波の増幅が見られた事により、
     かつらによるストレスが脳波によって確認できた。 
  • 2)かつら装着前よりも装着中の方が潜時が早く、振幅が浅い事から、ストレスによる脳の活性化と疲労による
     認識力の低下を確認できた。